全自動のクラウド型会計ソフト freee (フリー)のアドバイザー<タカセ会計事務所>

自動で会計帳簿を作成できる会計システム「freee」

 

全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」

 

  自動で会計帳簿が作成できるというのは、銀行口座、クレジットカードやSuicaのデータを会計ソフトに手動で入力することなく、自動取り込みが可能という事です。しかも、簿記の知識が必要なく、“仕訳”ができてしまい、試算表が作成できます。

「freee」を使用すれば、楽々で入力ができ、即座に経営成績を確認し、経営上重要な対策を打てることになるのです。

もしかしたら、入力だけを依頼する会計事務所が必要なくなってしまうかもしれません。

 

<手順>

1.口座登録

  「freee」を有効に活用するには、事業取引で「ネットバンキング」を利用する必要があります。そのログイン情報を入力する事で、freeeの会計ソフトに同期され自動的に取り込まれます。

 

2.現金支出登録

  電子マネーを活用しているのであればOKですが、貨幣や紙幣での取引では領収書を入力しなければなりません(これは他の会計ソフトと同じ)。しかし、「ReceReco(レシレコ)」を使用すると自動化できるのです。

 

3.請求書登録

  freeeの請求書登録を活用すると自動的に売掛金も発生し、「発生主義」にも適合します。

 

税理士法人フォルテシアは、全自動会計システム「freee」の認定アドバイザーです。